添削サービスは、受験生にも有効?

2012.10.26

こんにちは、石井あきらです。

台湾は最終日という事で、
松山空港からこのメルマガを
書いています。^^

さて、連日お伝えしている
添削サービスに関して、
質問をいただきました。

=================

興味をもってメールさせていただきました!
受験生の自分でも有効ですか?

=================

お問い合わせありがとうございます。

はい、こちらの添削サービスは、
受験生にも有効だと思われます。

まず一度、英文を書いて
提出して頂ければ
ご理解頂けると思うのですが、

英語で文章を書くという事は、
深い英文法の知識が必要になります。

英文を書くときに、

「あれ、ここはAそれともThe?」

「ここはなんの前置詞使うんだっけ?」

などなど・・・

それはそれは多くの事が
頭をよぎる訳です。笑

その質問を一つ一つ
解決して、理解する事で、
英文法の知識を自然に
記憶する事ができる様になるのです。

ぜひ、試してみてください。^^

実感できると思います。

=> http://u-partners.net/z/w5sf.html

さて、今日も張りきっていきましょう!

■■1つのパーツで20個の単語が理解できる!単語分解講座■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日の単語パーツ

「vinc, vict」が単語に付くと、
「征服する」という意味になります。

下記に例をだしますね!

■ 今日の単語の例

1、victor(勝者)

One who wins; a conqueror.

勝った者;征服者。

2、victim(犠牲者)

One who is conquered and sacrificed.

征服され、犠牲になった者。

3、victory(勝利)

The winning; the conquest; triumph.

勝つこと、征服;勝利。

■■ フレーズで覚える日常英会話習得法 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日のフレーズ

They don’t have that wide of a selection.

それほど種類(品揃え)がない。

■ 例文

Aさん: Have you ever been to a new shopping centre on Charles St?
(チャールズストリートの新しいショッピングセンターへ行ってみた?)

Bさん: Yes, but they don’t have that wide of a selection.
(ええ、でもそれほど品揃えがないわよ。)

■■ 今すぐ英語を喋ろう!なりきり英会話 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

下記の状況を読んで、あなたがかける
言葉を頭の中で考えてみましょう!

■ 今日のお題

You bought an article of clothing.
You washed it once, and it has shrunk, and you can’t wear it.
Bring it back to the shop.

=> 20秒時間をとって答えを考えてみましょう!

解答:

l bought this one and washed only once.
After that, I can’t wear it anymore because it has shrunk.
Could I give this back and get refund?

今日は以上です。

それでは、また!

石井 あきら

P.S.

実際に、
英文法の知識がついた!と
お客様の声、頂いております。

=================

簡単な質問に答えるのでも、
漫然と自分のなかで考えているのと、
英語でアウトプットするのは

こんなに違うものなのだと
改めて気づきました。

実際の会話ではこんな感じで
質問に答えるだろうと想像して、

話し言葉を少し書き言葉に直して
添削してもらっていました。

だけど、実際に書く段階で、

こんな言い方したっけ?

文法はあってる?

冠詞は a? the?

と話しているときには
あまり気にならなかったことを
確認できましたし、
質問することで
さらに理解も深まりました。

=================

話し言葉では
気付けなかった細かい部分を
書き言葉にして、
チェックすれば、
より丁寧な話し言葉になりますね!

=> http://u-partners.net/z/w5sf.html

P.P.S.

最近、孫文などを
読んで一つ分かった事が
あります。

日本のメディアでは、
中国・韓国は、
歴史を歪曲していると
説明されています。

※飽くまで日本のメディアの話しで、
中国・韓国からは日本が歴史歪曲を
していると報じられていると思います。
真意は分かりません。

それで、なぜなのかなと
考えていたのですが、

元々、中華圏の国では、
革命などで王朝が変わった時には、
前王朝の歴史や功績を
否定するという文化。

つまり、歴史を変えるのが
当たり前の文化なのですね。

なので、逆に孫文の時代には、
日本では、古代の中華の書物などが
しっかりと保存されている事から
重宝されていたとか。

日本の考え方で考えてしまうと、
単に「歴史を変えるなんて、けしからん!」
と思い勝ちですが、

古代より引き継がれた
易姓革命といわれる文化と
考えてしまうと、納得ができるなと
思いました。

P.P.P.S.

さて、

今晩は、羽田のつるとんたんかな!

P.P.P.P.S.

昨日のメルマガの

“Your friend is insists on speaking her native language… ”

上記の文章に関して、間違いがありました。

正しくは、

“Your friend insists on speaking her native language… ”

ですね。

ご指摘頂いた方、ありがとうございます。m(_ _)m

これから気をつけて執筆していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The Daily English

発行者:ユニバーサルパートナーズ合資会社

http://eigo-peraperakun.com/info2.html

本メールマガジンの転写・コピー・転送などを禁じます。
Copyright(C)ユニバーサルパートナーズ合資会社

購読停止は次のURLをクリックしてください

http://eigoperaperakun.net/smail/byeform.php?pid=step_186m2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



メールアドレス入力:

※送信される情報は、SSL信号により
お客様の情報は保護されていますのでご安心ください。
※ ご入力頂いた個人情報は、メルマガの配信や弊社の英語レッスンや、セミナー等のご案内に使用させていただくものです。あなたの情報を第三者に渡すことはございません。