ぶつ切り日本語英語の矯正方法

2013.08.15

こんにちは、
石井 あきらです。

昨日はスーツを
購入してきました。^^

いままでと違って、
ちょっと攻めた感じの
スーツです。

攻めると着る時、
勇気がいりますよね。笑

さて昨日から
ご紹介している「発音大学」ですが、
この教材の良い所に、

「ぶつ切り日本語英語の矯正ができる」
という点があります。

多くの日本人の方は、
英語を話す時に、
単語をぶつ切りにして話します。

しかし、英語では
単語と単語をつなげると、
発音が変わるんですね。

たとえば、

Do you know her name?
という文章であれば、

ドゥー・ユー・ノー・ハー・ネーム?

ではなく、

ドゥュゥノーハーネーム? と
一息で言うんです。

もう一つ例を
あげると、、、

What are you looking for?
などの発音も、

口語にすると、
「Waddar yuulooking for?」
という様に

発音が大きく変化するのです。

ぶつ切り英語は、
日本人の中では通じるのですが、

ちょっと格好悪いですし、
ネイティブにも通じにくかったりします。

あと何よりも、
自分がリスニングする時に、

あまりの変化に戸惑い
聞き取れないという事態に
なります。^^;

なので、
もしあなたが、
ぶつ切り英語を
使われている場合は、

ぜひ「発音大学」で
ぶつぎり英語の矯正をする事を
おススメいたします。

=>  http://u-partners.net/z/4pyw

さて、今日も張り切っていきましょう!

■■1つのパーツで20個の単語が理解できる!単語分解講座■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日の単語パーツ

「cap, cep, cept」が単語に付くと、
「受け取る、取る」という意味になります。

下記に例をだしますね!

■ 今日の単語の例

1、caption(表題、タイトル)

A heading; a subtitle.

見出し;サブタイトル。

2、accept(受け入れる)

To receive; to agree to.

受け止める;認めること。

3、exception(例外)

Something left out of general use; as an exception to the rule.

一般的な使用から外れているもの;ルールの例外など。

■■ フレーズで覚える日常英会話習得法 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日のフレーズ

be impressed (by/with something).

(何かに)とても感銘をうける。

■ 例文

Aさん:I was impressed with how well organized the whole event was.
(私はこのイベントが非常によくマネージされていることに感銘を受けました。)

Bさん : I am so happy to hear that. Everyone worked so hard for this event.
(そう言って頂けて嬉しいです。みんなこのイベントのために一生懸命働いてくれました。)

■■ 今すぐ英語を喋ろう!なりきり英会話 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

下記の状況を読んで、あなたがかける
言葉を頭の中で考えてみましょう!

■ 今日のお題

Are you frugal or a big spender?

=> 20秒時間をとって答えを考えてみましょう!

解答:

I think I am frugal.
I go shopping when something is on sale, or I really need it.
I am also saving money for the future.

今日は以上です。

それでは、また!

石井 あきら

P.S.

私がこの「発音大学」で
良いなと思う点は、
他にもあって、

一つの発音に絞って、
徹底的に練習できる点です。

たとえば、
日本人が苦手な「R」の発音の場合ですが、
下記の文章を読んでみてください。

Red robins really read right
when they read the book from left to right.

ネイティブとの会話で、
ここまで「R」が連続して入る事はありません。

しかし、
こうやって発音の難易度の高い発音の文章を

正しい音を聞きながら
何回も練習する事で、
「R」が無意識に発音できるようになります。

そして「R」が出来たら、
次は「F」の音という様に、
積み重ねて練習ができるのです。

階段を一歩ずつ上るように、
発音を練習ができますし、

一般の会話では存在しない
難易度で自分の発音を訓練できるので、
綺麗な発音を短期間で
マスターできるのです。

「発音大学」は、
発音が苦手な人は
必ず持っておくべきだと思います。

=>  http://u-partners.net/z/4pyw

P.P.S.

今日は
髪を切りに行ってきます。

大阪に引っ越したら、
髪はどこできろう・・・。

美容師探しさんって、
なかなか大変です。涙

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The Daily English

発行者:ユニバーサルパートナーズ合資会社

http://eigo-peraperakun.com/info2.html

本メールマガジンの転写・コピー・転送などを禁じます。
Copyright(C)ユニバーサルパートナーズ合資会社

購読停止は次のURLをクリックしてください

http://eigoperaperakun.net/smail/byeform.php?pid=step_186m2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━5



メールアドレス入力:

※送信される情報は、SSL信号により
お客様の情報は保護されていますのでご安心ください。
※ ご入力頂いた個人情報は、メルマガの配信や弊社の英語レッスンや、セミナー等のご案内に使用させていただくものです。あなたの情報を第三者に渡すことはございません。