快適領域を飛び出そう

2013.10.16

こんにちは、
石井あきらです。

昨日の夜、
日本に到着したのですが、

台風で飛行機が
かなり揺れて怖かったです。。。

とにかく
無事に到着して良かったですね。^^

さて今日は、
快適領域を飛び出そう
というお話です。

快適領域というのは、
自分が慣れ親しんだ環境の事で、

古くからの友達と話したり、

同じ仕事をこなして、

日本語を話したりと、

居心地は良いけれど、
自分を成長させてくれない環境です。

こういった環境に
ずっと身をおいていると、
楽しいのですが、
自分の成長がありません。

それよりも、
自分の不快適領域、

海外に移住、

転職をする、

ビジネスを成長させる、

英語を話す環境、

など
ストレスフルな環境に身をおくと、
自分を成長させてくれるのです。

私も今回の香港は、
かなり不快適領域で
ケチョンケチョンにやられてきました。

今までの自分が
ぬるま湯に浸かりきっていたなと
反省をし、

より自分を成長させようと
深く誓った次第です。

なので、
あなたも成長を促したい場合は、
どんどん不快適領域に入っていく事を
オススメします。

連日お伝えしていますが、
リスニングに関して、
こちらのメルマガでも無料で上達させる事ができるので、
ぜひ登録してみてくださいね。

=> http://u-partners.net/z/r5x3

それでは、今日も張り切っていきましょう

■■1つのパーツで20個の単語が理解できる!単語分解講座■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日の単語パーツ

「dem, demo」が単語に付くと、
「人」という意味になります。

下記に例をだしますね!

■ 今日の単語の例

1、democracy(民主主義)

Government of the people, by the people.

人民による人民の政府。

2、democrat(民主主義者)

One who believes in democracy.

民主主義支持者。

3、democratize(民主化する)

Shape into a democracy.

民主主義を形成する。

■■ フレーズで覚える日常英会話習得法 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日のフレーズ

(someone) fall unconscious.

(誰かが)意識を失う。

■ 例文

Aさん:In the next moment, she fell unconscious.
(次の瞬間、彼女、意識を失ってしまったのよ。)

Bさん : Oh no. Was she alright?
(なんてことだ。彼女大丈夫だったの?)

■■ 今すぐ英語を喋ろう!なりきり英会話 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

下記の状況を読んで、あなたがかける
言葉を頭の中で考えてみましょう!

■ 今日のお題
Tonight you are planning to have a home party at your place.
Your roommate is going out, but you want her to be back by 4 to help you.
Talk about it to her.

=> 20秒時間をとって答えを考えてみましょう!

解答:

What time are you coming back?
You know, I am going to have a party tonight.
Could you come back by 4 at the latest to help me?

今日は以上です。

それでは、また!

石井 あきら

P.S.

イムラン先生は
コペル英会話という英会話教室を
10年近く運営していますし、

ミクシィのコミュニティーメンバー、
そしてメルマガ読者を含めて
10万人の生徒さんを教えてきた先生です。^^

とくにリスニングの上達に
定評のある先生ですので、ぜひ登録してみてくださいね。

=> http://u-partners.net/z/r5x3

P.P.S.

Lee kuan yew の
one man’s view of the worldが
届きました!

ちらっと見ましたが、
かなり面白そうですね。

楽しみです。^^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The Daily English

発行者:ユニバーサルパートナーズ合資会社

http://eigo-peraperakun.com/info2.html

本メールマガジンの転写・コピー・転送などを禁じます。
Copyright(C)ユニバーサルパートナーズ合資会社

購読停止は次のURLをクリックしてください

http://eigoperaperakun.net/smail/byeform.php?pid=step_186m2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━5



メールアドレス入力:

※送信される情報は、SSL信号により
お客様の情報は保護されていますのでご安心ください。
※ ご入力頂いた個人情報は、メルマガの配信や弊社の英語レッスンや、セミナー等のご案内に使用させていただくものです。あなたの情報を第三者に渡すことはございません。