読書に対する古い固定概念

2013.10.24

こんにちは、
石井あきらです。

最近、友人に
背中ニキビが改善する
ボディーソープを教えて貰ったので
購入してみました。

最近、
大分改善されているのですが、
効果が楽しみですね♪

さて連日お伝えしている
園先生の教材は見て頂けましたか?

=> http://u-partners.net/z/bxhn

この教材の良い点の一つに、

読書に対する
古い固定概念を捨て去る事ができる点が
あります。

例えば、
本を読むのが遅い人や、
飽きやすい人が持っている
固定概念の一つに、

「本は1ページ目から最後のページまで、
一文字一文字読まないといけない。」

というのがあります。

しかし、
これは大きな間違いで、

実際には、
読書のゴールは、
全ページをぬかりなく
目を通す事ではなく、

自分にとって
必要な知識を得る事です。

全ページを読もうとすると、
情報が多すぎて、頭に残らないし、
時間が掛かって、非効率です。

逆に、
自分に必要な部分を
見つけて読む技術を身につけると、

大切な部分のみが頭に入るので、
時間も掛からないですし、
記憶にも残りやすいのです。

私もそうですが、
あなたの知らないうちに
読書に対する負の固定概念などが
植え付けられている場合があります。

この園先生の教材では、
こういった負の固定概念を一つづつ砕いて、
速読を早められるのがオススメですね。

=> http://u-partners.net/z/bxhn

それでは、今日も張り切っていきましょう

■■1つのパーツで20個の単語が理解できる!単語分解講座■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日の単語パーツ

「ob」が一番前に付くと、
「〜に対して」という意味になります。

下記に例をだしますね!

■ 今日の単語の例

1、object(反対する、抗議する)

Oppose; refuse.

反対する;拒絶する。

2、offend(怒らせる、傷つける)

To strike against moral law; to cause pain.

道徳に反して責める事;痛みを与えること。

3、oblige(義務を負わせる、余儀なくさせる)

To bind by a favor or service; force.

親切心や義務によりしばりつけること;強制。

■■ フレーズで覚える日常英会話習得法 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 今日のフレーズ

You can do it.

がんばれ。できるよ。(すでにやりたいことに着手している、トライしている人に対して。)

■ 例文

Aさん:Today, I am going to finish this spread sheet!
(今日はこのエクセルを終わらせるぞ!)

Bさん : Yeah, you can do it!
(うん、がんばれ!)

■■ 今すぐ英語を喋ろう!なりきり英会話 ■■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

下記の状況を読んで、あなたがかける
言葉を頭の中で考えてみましょう!

■ 今日のお題

Would you like to retire when you get to 65 years old or not?
Why?

=> 20秒時間をとって答えを考えてみましょう!

解答:

I would like to retire when I get to 65 years old.
I have already been spending so much time at work in my life.
I want to use my own time for something else.

今日は以上です。

それでは、また!

石井 あきら

P.S.

聞いた所によると、

園先生の教えている
生徒さんには、

・弁護士
・税理士
・公認会計士
・医者
・薬剤師

といった、
極めて高度な専門職の方が
多いそうです。

お仕事などで扱う情報量が多い人は、
園先生の速読法を習得すると、
短期間で情報処理能力を上げる事ができるので、
オススメですね。

=> http://u-partners.net/z/bxhn

P.P.S.

英語ぺらぺら君中級編のユーザー様から、
上級編や、ビジネス編を作って欲しいと
メールを頂きました。

こういうメールを頂くと
涙が出てきます。

正直、至らない所も
沢山あると思うのですが、、、

これほど嬉しい時って
無いと思います。。。

本当にありがとうございます。

まだ次の教材の
コンセプトも決まっていないのですが、
来年には何かしら発表できる様に
したいと思います。

ご要望などがあったら、
ぜひメールしてくださいね。

全てのご要望に
お答えできるかは分かりませんが、
極力、アイデアに入れていきたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The Daily English

発行者:ユニバーサルパートナーズ合資会社

http://eigo-peraperakun.com/info2.html

本メールマガジンの転写・コピー・転送などを禁じます。
Copyright(C)ユニバーサルパートナーズ合資会社

購読停止は次のURLをクリックしてください

http://eigoperaperakun.net/smail/byeform.php?pid=step_186m2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━5



メールアドレス入力:

※送信される情報は、SSL信号により
お客様の情報は保護されていますのでご安心ください。
※ ご入力頂いた個人情報は、メルマガの配信や弊社の英語レッスンや、セミナー等のご案内に使用させていただくものです。あなたの情報を第三者に渡すことはございません。