英会話の口語表現チェック

多くの人が英会話を習得するときに教科書に書かれている英熟語や英語表現などを そのまま口語として使ってしまう事が多いのですが、実は教科書に書かれている事でも 結構、口語では違う表現になる事もあるので注意が必要です。

例えば、上記にある様な「I am going to do it.」などですね。

この用にリーディングやライティングであれば、教科書の単語でも問題無いのですが、 生きた英会話の表現を覚える事ができれば、よりネイティブに近い 心の通じた会話が出来る事になるでしょう。

では、あまり外国人と話す機会が無い人は、 こういった英会話の口語表現はどこで学べるのか?

それは、ずばり洋画や海外のドラマを英語の字幕を使って見るという事です。

また、映画の字幕を見ながら、できればインターネットなどで 台本を探してきて、その台本を見ながら会話の内容を確認する事で、 非常に効果的に生きた英会話の口語表現を学ぶ事ができます。

また、次に重要なのは、洋画やドラマで習った英会話の表現を 何回も使ってみる事。

これが重要です。インプットとアウトプットを同時にこなす事で 非常に早く、英会話の口語表現を身に着けられると思います。

上記の記事は無料メルマガ「The Daily」のバックナンバーを転載したものです。
もしこの記事がおもしろい!と思ったら、あなたも購読してみませんか?

メールアドレス入力:

ページのトップへ戻る